読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物売り

 

この日は猛暑!

暑かったですねー。。。

 

f:id:niiiboooshiii:20160708090429j:image

実家のゴーヤがお空に伸びています。

 

 

f:id:niiiboooshiii:20160708090535j:image

この日はしじら織の浴衣だったので涼しかったです♪

 

 

 

 

お浚い会も終わり、お稽古の演目が新しくなりました!

 

次に私が演じるのは、紙売り。

初の物売りです!

 

物売りは結構難しいとネットでも・・・

そんな演目を選んでいただけた事がとても嬉しい!!

 

 

 

物売りとは。

路上で移動しながら、主に鳴り物や独特の売り声を発しながら呼び込みをして食事を提供したり、物品などを販売、修理や古物や廃品の買取や交換をする者。

 

昔はすぐにできる商売(今で言うネットショップというところでしょうか)として、色んな物売りがいたそうです。

踊りの演目だと、紅売り、文売り、団子売り・・・

 

何でも売っていたのですね。

ちなみに文売りというのは、手紙を書く人のことです。

 

 

今回の私の紙売りは、一年を通して色んな紙を売るってお話だそう。

 

一年の四季折々の中でどんな紙があるのかしら?

 

四季のお勉強にもなるし、日本舞踊って本当にお勉強になることばかりで終わりがないなぁと思います。

 

 

前回はお姫様の役でしたのでイメージがしやすいですけれど、今回は役柄がガラリと変わります。

ということは、気持ちの入れ方も変えて、「さぁさぁ!よってらっしゃい見てらっしゃい!」と、見て!見て!っていう感じで演じなければなりません。

 

江戸っ子のチャキチャキした雰囲気かな?

 

 

物売りは、自ら客寄せをして人が集まった所で商品を売りさばいていくという商いだそうで、

踊ったり何だりと盛り上げるために色々していたそうです。

 

 

まだお稽古序盤ですが、とてもコミカルな印象を受けました。

動きも楽しい。

 

 

 

そして、紙売りには小道具も使われるそうなので、こちらも私は初体験!!

とても嬉しいです♪♪

 

お稽古やお勉強を怠らないようにやっていきたいです。

ID:3kpnsg