読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優柔不断

f:id:niiiboooshiii:20161121124842j:image

いつぞやのフィードバック。

 

電気屋さんのクーポン券が結構余っていたので、加湿器を買いました。

 

f:id:niiiboooshiii:20161121124853j:image

強めなフェイス。

加湿量に合わせて無駄に4色光ります。

 

 

この加湿器を買うまでに色々ありまして・・・

 

クーポン券の期限が今月中だったので、何かしら買わなきゃ!と思って電気屋さんに行った我らですが、さて何を買おう。

 

「パスタ作るやつは?」

「うーん、でも絶対に使わなくなるよねぇ」

 

「コーヒーメーカーは?」

「あってもいいけど、どこに置こうか・・・いや、やっぱ必要ないかも」

 

なっちゃん音楽聴きながら料理するし、スピーカーは?」

「うーん、だったら加湿器がいいかもー」

 

「加湿器にしたらあともう一つ買えるけど、何か欲しいものない?」

「俺これと言って欲しいもんないし、決めてやー」

「えー!じゃあコーヒーメーカー?」

「コーヒー作るならタンブラーに入れて持って行きたいし、沢山作れるのがええよな」

「・・・値段オーバーしちゃう。じゃあ加湿器辞めて良いやつにする?それとも、やっぱりパスタにする!?」

「いや絶対後悔するで!」

「えー・・・じゃあ焦げない鍋セットかなぁ・・・」

ティファールもあるで」

「でもあるしな、鍋とか。」

「これと言って必要なもんないな(笑)」

 

云々。

 

一旦昼食を挟みましたが、半日電気屋さんをウロウロしていました。

結局欲しいものが決まらず、加湿器のレベル上げてちょっと良い包丁を買うことに。

 

今の生活スタイルに慣れてしまっているせいなのか、物欲が無いのか、貧乏性が故なのか何なのか。。。

 

無事に選び終えて店員さんに在庫確認をしてもらうと、「2000円ぐらい余りますよ〜おつりでないんで!」と言われたので、加湿器用のアロマも追加。

 

「これだけ買ってタダなんて嬉しい〜〜!」という喜びと、2人とも疲労困憊で「やっと終わる・・・!」の達成感を抱きながらレジへ。

 

 

「クーポン分を差し引いて・・・、2500円です!」

 

「!?!?」

 

 

何が起こったのだ、とフリーズする私。

すかさず突っ込む関西人。

慌てる店員。

 

 

原因は包丁でした。

指をさして取り出してもらったので、私たちが選んだものは思っていた値段より2000円高い包丁だったようです。。。

 

下の段にクーポン券で収まる額の包丁もあったんだけど、さんざん悩んで疲れてるし(平穏そうに書いてるけど疲れで殺伐とした雰囲気もあった)面倒だし今更辞めるのも恥ずかしいし、、、

そのまま買いました(ーー;)

 

 

あんなにオーバーしないように厳選したのに、結局・・・(笑)

 

私はやっぱり貧乏性なようで、「あんだけ時間かけて買ったんだから!!!」精神で、これでもかってぐらい加湿器を愛用しています。

 

 

 

まぁ、乾燥が気になることもなくなったし、包丁も驚く程切れ味抜群だし、良かった良かった♪

ID:3kpnsg